新年のご挨拶

2022年1月1日

新年明けましておめでとうございます。

旧年中は大変お世話になり有難うございました。

終息する気配を見せないコロナ禍中にも関わらず、本日も酒造りに勤しむことができることに心から感謝しております。

これはまさに、越乃寒梅をご愛顧いただいているお客様、お取引先様をはじめ、弊社をお支えくださった先人の皆様方のおかげに他なりません。

そうした中、昨年、石本酒造の使命を定義いたしました。

 

「豊かな時を醸す。酒と地域の未来に貢献する。」

 

お客様のお食事やお酒のひと時に寄り添い、幸せな心地が増していく、その一役を担える存在を目指します。

そして自社の業績だけではなく、酒造産業や酒文化の発展、地域社会の持続的な活力創出にも注目し活動して参ります。

この使命を胸に刻み、会社で一丸となりこのコロナ禍の苦難を乗り越え、そして次の世代に酒造りを繋ぐ所存です。

関係各位の皆様には引き続きのご指導とご鞭撻を賜りたく、お願い申し上げます。

 

越乃寒梅を楽しむ全ての皆様のご健康とご多幸をご祈念申し上げ、新年のご挨拶とさせて頂きます。

 

石本酒造株式会社

代表取締役 石本龍則


蔵元からのたより