「にいがた酒の陣」に来てくんなせや!

2016年3月4日

今年も「新潟淡麗にいがた酒の陣2016」が開催されます。

会場:朱鷺メッセ「ウェーブマーケット」

日時:3月12日(土)10~18時、13日(日)10~17時

詳しくはコチラ: http://sakenojin.jp/

s_IMG_3036

※  2015年の画像を使用

新潟県内約90の蔵元が集結し、代表銘柄を試飲出来るという酒どころ「新潟」ならではのイベントです。

毎年開催日には県内外問わず大勢のお客様にご来訪いただき、昨年は2日間で来場者数が11万人を超えたほどの大盛況ぶりでした。

酒造組合主催の様々なイベントも催され、蔵元と直接お話も出来るのも魅力のひとつです。

皆様、ぜひお誘い合わせのうえお越し下さいませ。


冬の彩り 女池菜(めいけな)

2016年3月1日

冬の新潟は屋外の野菜類の収穫はほとんどなく、彩りが寂しくなる季節になります。そんな中でしたしまれてきた食材の一つが「トウ菜」です。

トウ菜とは、ある一種類の野菜を示した名前ではありません。

アブラナ科の野菜で花蕾(からい:花のつぼみ)が付いたものを「トウが立つ」といい、その新芽と若葉を摘み取ったものを総称して「トウ菜」といいます。

蔵元にとって最も親しみのある「トウ菜」といえば、新潟市女池地区で栽培されてきた「女池菜」です。

新潟県内では、南魚沼市大崎地区の大崎菜や、オータムポエムなどもスーパーに並びます。

葉の部分はほんのりとした苦味を持ち、花芽には甘みがのっています。雪を被ることで花芽のデンプンが糖に変化するためと言われています。

沸騰したお湯に2〜3分ほど茹でて、おひたしにする食べ方が基本ですが、味噌汁に入れても風味を損なわずにいただくことが出来ます。

s_IMG_5838_1

シンプルながらに独特なほろ苦さと、豊かな甘みはお酒の味を引き立てます。

香味の幅と厚みが特徴である越乃寒梅 純米吟醸酒「無垢」との相性が抜群です。