柔らかお肉♪南蛮みそ漬け牛ステーキ

2016年11月25日

日本酒にあう簡単おつまみレシピ

60621_a

 

みそ床いらずの簡単みそ漬け。みその風味と日本酒は鉄板の組み合わせ。お酒がついついすすむおつまみレシピです。南蛮みその辛味も味のアクセントに。おつまみはもちろん、炊き立てご飯のおともにもぴったりです。

きのこを添えて栄養バランス

牛肉のたんぱく質は必須アミノ酸がバランス良く含まれ、また鉄分も豊富ですが、脂質も多く含まれます。コレステロールを下げる効果のある食物繊維が豊富なきのこ類や、大豆製品のみそなどと一緒に摂ることでバランスがよくなります。
詳しい作り方と分量・材料はこちら

簡単少ない材料で

60621_1

材料はたったこれだけ。

  • · 牛肉(ステーキ用)
  • · 南蛮みそ
  • · サラダ油
  • · 付け合せ野菜

詳しい作り方と分量はこちらでチェック

 

漬けて焼くだけ♪

60621_2

発酵食である南蛮みそに漬け込むことによって普通の赤身牛肉でも柔らかくなり、コクも増します。南蛮みそはふきとらず、そのまま焼いていただくので、薄めに塗ります。

 

弱火でじっくり

60621_3

ステーキはふつう強火で焼くイメージですが、みそを焦がさないように、弱火でじっくり焼くことが上手に焼きあげるコツ。鶏肉や豚肉、魚でも応用できるレシピです。
詳しい作り方と分量・材料はこちら

 

おすすめの日本酒は?

60621_b

みそとお肉の旨味たっぷりおつまみには、後味に旨味がひろがる越乃寒梅 純米大吟醸 金無垢や吟醸 特撰をあわせてどうぞ。お好みでぬる燗でも。
南蛮みそ漬け牛ステーキのレシピをチェック☆

越乃寒梅 純米大吟醸 金無垢

越乃寒梅 吟醸 特撰


おもてなしおつまみ♪桃と白身魚のカルパッチョ 菊花マリネ添え

2016年9月26日

9月の日本酒にあう簡単おつまみレシピのご紹介です

60620_a

菊花を添えるだけで華やかなおもてなし一品に。さっぱりとした白身魚の刺身と、桃の上品な甘味は日本酒によく合います。菊花は2色にすると鮮やかです。

詳しい作り方と分量・材料はこちら

疲労回復と便秘解消に

桃は、リンゴ酸、クエン酸が豊富。良質のたんぱく質や、タウリンを含む白身魚と一緒に摂ることで、疲労回復に効果があり、食欲増進、体調改善に役立ちます。またペクチンも豊富で、便秘解消にも効果的です。

桃の皮をキレイにむく方法

60620_2

桃は熱湯に1分弱(香りがたったらOK)くぐらせると簡単に皮がむけます。ゆで過ぎないように注意しましょう。

食用菊でパーティーにも♪

60620_4

フルーツに白身魚をまくだけの簡単レシピも、食用菊のマリネを添えるだけでパーティーレシピにもなります!

食材アレンジ

60620_1

白身魚は、鯛、ひらめ、すずきなど、お好みの魚でOK。新潟ならのどぐろでプチ贅沢もいいですね。菊花はかきのもとで。桃の代わりにマンゴーを使うと、トロピカル感がアップ。違った風味が楽しめます。

詳しい作り方と分量・材料はこちら

おすすめの日本酒は?

60620_5

たんぱくな味わいの白身魚と甘い香りのおつまみには、越乃寒梅 超特撰のような香りの穏やかな大吟醸酒をあわせてどうぞ。
越乃寒梅 大吟醸 超特撰