とろり濃厚クリーミー♪ずわいがにと南蛮えびのフラン

2016年12月26日

日本酒にあう簡単おつまみレシピ

60623_a

フライパンでできる簡単洋風茶碗蒸しレシピ。洋風ですが、蒸し上がりの温かい状態は、ワインよりもむしろ日本酒とあわせるのがおすすめ。トロリとした食感、濃厚でクリーミーな風味、かにの旨みもまた、日本酒によく合います。

コレステロールをコントロール

えびやかにには、タウリンが豊富に含まれています。タウリンは肝機能を強化しつつ、コレステロール低下にも役立ちます。卵に含まれる良質のたんぱく質や、生クリームに豊富なビタミンAは、筋肉や内臓、皮膚などの組織を作るのに必要な栄養素。一緒に摂ることで、相乗効果が期待できます。
詳しい作り方と分量・材料はこちら

簡単少ない材料で

60623_1

ずわいがにの旨みを凝縮したフランの上に南蛮えびをトッピングするおもてなし一品。  年末年始のパーティーシーズンにもぴったりです。

フライパンで簡単

60623_4

蒸し器が無くてもOK。卵はLサイズ1個に対して、だし汁1カップが基本。卵は常温にもどしておきましょう。沸騰したら弱火でふたをして約5分。水滴が落ちてこないよう容器にキッチンペーパーをのせましょう。

食材アレンジ

60623_5

周りが少しかたまってきたら、えびを乗せ、さらに4~5分加熱。表面がかたまってきたら蒸し上がり。生クリームの一部を牛乳にするとサッパリ系に仕上がります。お好みでフラン液にナツメグやパプリカなどを加えてスパイシーさをプラスするのもおすすめです。

おすすめの日本酒は?

60623_b

かにの風味に濃厚クリーミーなおつまみには、越乃寒梅 金無垢のようなほのかな吟醸香と米の旨みの広がりを楽しめる純米大吟醸や後味スッキリ 普通酒 白ラベルも良く合います。
ずわいがにと南蛮えびのフランのレシピをチェック☆


越乃寒梅 純米大吟醸 金無垢

越乃寒梅 普通酒 白ラベル


和風ピリ辛♪さばときのこのかんずりトマトソース煮

2016年11月25日

日本酒にあう簡単おつまみレシピ

60622_a

新潟の伝統調味料かんずりのおつまみレシピ。和風ピリ辛トマトソースと日本酒との相性が抜群。塩ゆでしたペンネと和えて、日本酒に合うパスタアレンジも!

貧血予防や肝機能UPにも                                                   さばには、血流を良くし、脳の活性化に役立つDHA、EPAが豊富です。更に血合いの部分には、鉄分やタウリンが含まれ貧血予防や肝機能の働きを良くしてくれます。     しいたけやしめじと一緒に摂ることで、コレステロール低下の相乗効果が期待できます。

詳しい作り方と分量・材料はこちら

調味料を炒めて旨みを出す

60622_4

トマトペーストとかんずりを少し炒めることで、うまみを引き出します。

トマトの酸味にかんずりの辛味

60622_5

こんがり焼いたさばに、トマトの酸味とかんずりの辛味をプラスすることで、魚の臭みが消えるので、青魚が苦手な方にもおすすめ。さばの料理のバリエーションを広げる一品です。

イタリアンにちょっぴり和

60622_1

和風スパイスかんずりの深みある辛味が日本酒によくあいます。

詳しい作り方と分量・材料はこちら

おすすめの日本酒は?

60622_b

かんずりの熟成感で深みと旨みがあるおつまみには、越乃寒梅 金無垢・白ラベルのようなじっくり発酵させ後味に力強さを感じるお酒をあわせてどうぞ。

さばときのこのかんずりトマトソース煮のレシピをチェック☆

越乃寒梅 純米大吟醸 金無垢

越乃寒梅 白ラベル