和風ピリ辛♪さばときのこのかんずりトマトソース煮

2016年11月25日

日本酒にあう簡単おつまみレシピ

60622_a

新潟の伝統調味料かんずりのおつまみレシピ。和風ピリ辛トマトソースと日本酒との相性が抜群。塩ゆでしたペンネと和えて、日本酒に合うパスタアレンジも!

貧血予防や肝機能UPにも                                                   さばには、血流を良くし、脳の活性化に役立つDHA、EPAが豊富です。更に血合いの部分には、鉄分やタウリンが含まれ貧血予防や肝機能の働きを良くしてくれます。     しいたけやしめじと一緒に摂ることで、コレステロール低下の相乗効果が期待できます。

詳しい作り方と分量・材料はこちら

調味料を炒めて旨みを出す

60622_4

トマトペーストとかんずりを少し炒めることで、うまみを引き出します。

トマトの酸味にかんずりの辛味

60622_5

こんがり焼いたさばに、トマトの酸味とかんずりの辛味をプラスすることで、魚の臭みが消えるので、青魚が苦手な方にもおすすめ。さばの料理のバリエーションを広げる一品です。

イタリアンにちょっぴり和

60622_1

和風スパイスかんずりの深みある辛味が日本酒によくあいます。

詳しい作り方と分量・材料はこちら

おすすめの日本酒は?

60622_b

かんずりの熟成感で深みと旨みがあるおつまみには、越乃寒梅 金無垢・白ラベルのようなじっくり発酵させ後味に力強さを感じるお酒をあわせてどうぞ。

さばときのこのかんずりトマトソース煮のレシピをチェック☆

越乃寒梅 純米大吟醸 金無垢

越乃寒梅 白ラベル


柔らかお肉♪南蛮みそ漬け牛ステーキ

2016年11月25日

日本酒にあう簡単おつまみレシピ

60621_a

 

みそ床いらずの簡単みそ漬け。みその風味と日本酒は鉄板の組み合わせ。お酒がついついすすむおつまみレシピです。南蛮みその辛味も味のアクセントに。おつまみはもちろん、炊き立てご飯のおともにもぴったりです。

きのこを添えて栄養バランス

牛肉のたんぱく質は必須アミノ酸がバランス良く含まれ、また鉄分も豊富ですが、脂質も多く含まれます。コレステロールを下げる効果のある食物繊維が豊富なきのこ類や、大豆製品のみそなどと一緒に摂ることでバランスがよくなります。
詳しい作り方と分量・材料はこちら

簡単少ない材料で

60621_1

材料はたったこれだけ。

  • · 牛肉(ステーキ用)
  • · 南蛮みそ
  • · サラダ油
  • · 付け合せ野菜

詳しい作り方と分量はこちらでチェック

 

漬けて焼くだけ♪

60621_2

発酵食である南蛮みそに漬け込むことによって普通の赤身牛肉でも柔らかくなり、コクも増します。南蛮みそはふきとらず、そのまま焼いていただくので、薄めに塗ります。

 

弱火でじっくり

60621_3

ステーキはふつう強火で焼くイメージですが、みそを焦がさないように、弱火でじっくり焼くことが上手に焼きあげるコツ。鶏肉や豚肉、魚でも応用できるレシピです。
詳しい作り方と分量・材料はこちら

 

おすすめの日本酒は?

60621_b

みそとお肉の旨味たっぷりおつまみには、後味に旨味がひろがる越乃寒梅 純米大吟醸 金無垢や吟醸 特撰をあわせてどうぞ。お好みでぬる燗でも。
南蛮みそ漬け牛ステーキのレシピをチェック☆

越乃寒梅 純米大吟醸 金無垢

越乃寒梅 吟醸 特撰