和風ピンチョス♪焼き油揚げのそら豆豆乳ディップのせ

2017年7月4日

17.6- 1

 こんがり焼いた油揚げとそら豆ディップでピンチョス風。日本酒がすすむパーティーメニュー。

血行をよくして代謝UP!

そら豆には、炭水化物をエネルギーに変え、疲労回復に働くビタミンB1や、脂質やたんぱく質をエネルギーに変えるビタミンB2が含まれており、体の代謝を良くするのに役立ちます。また油揚げに含まれるビタミンEが血行を良くしてくれます。

詳しい作り方と分量・材料はこちら    

簡単少ない材料で 

17.6-2.

そら豆はゆでて皮を薄皮をむいて、豆乳、みそを混ぜ合わせてディップにします。油揚げはうす揚げではなく、必ず肉厚のものを使いましょう。黒こしょうは少し多めにするとおつまみ度がアップ!

2つの食感を楽しめる

17.6-3.

油揚げは焼いて時間がたつと水分がとぶので、焼き立てはしっとり、冷めればカリカリ食感の両方が楽しめます。

詳しい作り方と分量・材料はこちら

食材アレンジ

そら豆独特の風味や、豆乳の豆臭さが苦手な方は、豆乳の代わりにクリームチーズや牛乳を混ぜるのもおすすめ。オリーブ油を仕上げにかけずに最初から混ぜておくと、ディップのしっとり具合が増します。

おすすめの日本酒は?

60629_b

そら豆の風味と油揚げの旨みには、酸味を抑え、とろりとした滑らかさが魅力の越乃寒梅 純米大吟醸 無垢をあわせて。

焼き油揚げのそら豆豆乳ディップのせのレシピをチェック☆

越乃寒梅 純米大吟醸 無垢