カリッとむっちりコクとうま味♪揚げだし里いも

2017年2月15日

日本酒にあう簡単おつまみレシピ

satoimo 1

揚げだし豆腐の里いも版。片栗粉でカリッと揚げた里いもの表面の食感と、中身のねっとり感にあつあつのだし汁をからめればお酒もすすみます。仕上げに大根おろしとしょうがをきかせて。

胃もたれ、胸やけ、二日酔いに!

いも類の中では低カロリーな里いもはダイエット中のおつまみにもぴったり。大根には消化酵素のアミラーゼが含まれ消化を促進する作用があり、胃もたれ、胸やけ、二日酔いに相乗効果が期待できます。

詳しい作り方と分量・材料はこちら

レシピバナー1

皮むきを簡単に!

satoimo2

里いもは皮をきれいに洗い、それぞれラップで包み、電子レンジ(600W)で約3~4分間加熱してから皮をむきます。電子レンジで加熱しておくと皮がむきやすくなります。

少ない油で簡単

satoimo3

里いもを食べやすい大きさに切り、片栗粉をまぶして揚げます。揚げ油の量は少なめでも、ひっくり返しながらこんがり揚げ色がついたらOK。

レシピバナー1

とろみだし汁で冷めにくく、からみやすくsatoimo4

だし汁にとろみをつけることで、里いもにからみやすい上、冷めにくくなるので、ちびちび飲みながら楽しむのにもぴったり。濃い味が好みの方は、しょうゆとみりんの量を調整してください。  

レシピバナー1

おすすめの日本酒は?

satoimo5

里いものもっちり食感や揚げだしの旨みには、越乃寒梅 白ラベルのような爽やかで力強く後口に跳ねるような余韻をお楽しみいただけるお酒をあわせて。

揚げだし里いものレシピをチェック☆

越乃寒梅 白ラベル

 


お肉に負けない満足感♪ぶりタレカツ

2017年2月2日

ぶりタレカツ1

脂ののった旬のぶりでお肉にも負けない満足の味。ご飯にのせて丼にしても、パンにはさんでカツサンドにするのもおすすめ。

血中コレステロールをコントロール、貧血にも!

冬に旬を迎えるぶりは、たんぱく質と脂質が豊富に含まれています。特に体内でカルシウムが吸収されるのを助けるビタミンDが多く、 鉄分も豊富に含まれ、貧血の改善が期待できます。また不飽和脂肪酸のEPA、DHAは、血中のコレステロールを下げて血液の流れを良くします。

詳しい作り方と分量・材料はこちら                     レシピバナー1   レシピバナー 1レシピバナー 1レシピバナー 1

簡単少ない材料で

ぶりタレカツ 2

一切れで3枚カツができるのでボリュームアップでお得感もあります。たれの甘さにはちみつを使うとまろやかな味わいに。

みそとみりんで食べやすく

ぶりタレカツ 3

ぶりにみそとみりんで下味をつけることで、ぶりの臭味が苦手な方でも食べやすくなります。

少ない油で簡単

ぶりタレカツ 4

フライパンに油を(約1cm)ほど入れ、少ない油で揚げ焼きにするので、調理後の処理もラク。薄力粉を薄くしっかりつけておくことで、衣がはがれにくくなります。

おすすめの日本酒は?

ぶりタレカツ 5

余韻に続く熟成したうま味と深みはカツのコクにも負けないバランス。

越乃寒梅 大吟醸 超特撰をあわせて。

ぶりタレカツのレシピをチェック☆

越乃寒梅 大吟醸 超特撰