越乃寒梅について

  • 越乃寒梅のふるさと
  • 石本酒造の歴史
  • 会社概要

越乃寒梅のふるさと

新潟市のほぼ中央に位置する亀田郷。阿賀野川、信濃川と、2つを結ぶ小阿賀野川に囲まれた砂丘地が、越乃寒梅のふるさとです。 亀田郷は、阿賀野川を水系とした豊富な良水、また低温環境を作り出す冬の雪に恵まれた、まさに酒造りの好適地といえます。

そんな亀田郷は、江戸時代からの梅の名産地でもあります。初夏に大きな実をつける「藤五郎梅」の畑は、初春の残雪の中、可憐な花に彩られます。寒さに堪え、凛とした美しさを放つこの梅の花が、越乃寒梅の名の由来です。 酒を愛し、梅を愛でる亀田郷。石本酒造は、今日もこの地で、越乃寒梅を醸し続けています。

石本酒造の歴史

「農作業に励む亀田の人々に喜んでもらえる酒を造る。」
明治40年、石本酒造の越乃寒梅は、そんな素朴な想いの下に生まれた。
やがて、数々の品評会で注目されるようになり、蔵は一歩一歩成長。
しかし、昭和に入り相次いで起こった戦争の影響は、酒造業界にも及び、石本酒造も、一時日本酒の製造ができなくなるなど苦難の日々を送った。
終戦を迎えても、満足に米が手に入らず、精米歩合に制限が設けられるなど、過酷な状況が続く。それでも石本酒造は、「どうせ少量しか造れないなら、喜ばれる酒を造りたい。」と、白く白く米を磨いた。

創業者 石本龍蔵二代目 石本省吾

そして高度経済成長期が訪れ、日本酒も大量生産の時代へ。
甘口が好まれ、造れば売れる時代だったが、石本酒造は
「キレのある飲み口の良い酒」を貫き、蔵の規模に見合った量を造り続けた。
やがて地酒ブームが到来。新潟は、酒どころとして確固たる
地位を築いたが、それでも、越乃寒梅が身の丈以上に増産されることはなかった。
旨い酒を造るため、「越乃寒梅」であり続けるために、
限界までこだわり抜いた結果だった。
そして現在に至るまで、その姿勢は変わらない。

当社二代目・省吾は、酒造りを、かつて自身が選手だったボート競技に例えた。
「見えないゴールに向かって懸命にオールを漕ぐ。酒造りも同じだ」
私たち石本酒造は、これからもそんな酒造りを続けて行く。

明治40年 石本龍蔵により石本酒造創業
昭和8年 石本省吾が二代目社長に就任
昭和42年 雑誌「酒」に取り上げられる。
昭和48年
 
ドイツで開催された催しで
「日本を代表する銘酒」として紹介される。
昭和57年 石本龍一が三代目社長に就任
昭和58年 石川弥八郎賞受賞
昭和61年 新潟県経済振興賞受賞
昭和63年 特醸酒を商品化
平成2年 古酒乙焼酎を商品化
平成15年 石本龍則が四代目社長に就任
平成19年 創業100周年を迎える。
平成20年 梅酒を商品化
平成25年 10年古酒乙焼酎を商品化
二代目石本省吾の書「醸技秘在大胆而細心周到」イメージ二代目石本省吾の書「醸技秘在大胆而細心周到」

会社概要

会 社 名 石本酒造株式会社
Ishimoto Shuzo Co.,Ltd
所 在 地 〒950-0116
新潟県新潟市江南区北山847番地1
連 絡 先 025-276-2028
創 業 明治40年
代 表 者 石本龍則
事業内容 清酒、乙類焼酎、リキュール類の製造販売
取引銀行 第四銀行